• インフルエンザ 流行レベルマップ
  • 症状 チェックシート
  • インフルエンザの予防・治療
  • インフルエンザの基礎知識
  • インフルエンザのQ&A

インフルエンザのQ&A

インフルエンザを予防するには、どうすればよいですか?
インフルエンザを予防するには、
  • 予防接種を受ける
  • 栄養と休養を十分にとる
  • 人ごみを避ける
  • 適度な温度、湿度を保つ
  • マスクを着用する
  • 手洗いとうがいをする
などをおすすめします。
家族がインフルエンザにかかった時に、どのようなことに気をつければよいですか?
家族がインフルエンザにかかったら、他の家族へうつるのを防ぐために、
  • 患者さんはマスクをする
  • うがい、手洗いをする
  • 時々部屋の空気を入れ換える
  • 部屋の湿度を適度(50~60%)に保つ
などを行ってください。
インフルエンザは空気感染(飛沫核感染)しますか?
基本的にインフルエンザは飛沫感染をします。しかし、特別な条件のもとでは飛沫核感染(空気感染)もあるといわれています。
狭い気密な部屋などでは、比較的長くウイルスが浮遊することもあるので、時々換気をし、部屋の湿度を適度に保つことなどは意義があります。
薬で予防できますか?
インフルエンザにかかると重症化したり、合併症を引き起こしたりする可能性の高い人(ハイリスク群)には、予防用に抗インフルエンザ薬を使うことが承認されています。その対象は、インフルエンザを発症している患者さんと同居している
  1. 1)高齢者(65歳以上)
  2. 2)慢性呼吸器疾患患者、又は、慢性心疾患患者
  3. 3)代謝性疾患患者(糖尿病など)
  4. 4)腎機能障害患者
です。
ただし、予防のために薬を使う場合は、保険は適用されません。予防の基本はワクチンですので、ワクチン接種をおすすめします。