• インフルエンザ 流行レベルマップ
  • 症状 チェックシート
  • インフルエンザの予防・治療
  • インフルエンザの基礎知識
  • インフルエンザのQ&A

インフルエンザの予防・治療

日常生活でできる予防法

インフルエンザにかからないために、毎日できることを紹介しよう 参考にしてね

日常生活ではまず、体調を整えて抵抗力をつけ、 ウイルスに接触しないことが大切です。
また、インフルエンザウイルスは湿度に非常に弱いので、加湿器などを使って室内を適度な湿度に保つことは有効な予防方法です。

1.栄養と休養を十分取る

体力をつけ、抵抗力を高めることで感染しにくくなります。

2.適度な温度、湿度を保つ

ウイルスは低温、低湿を好み、乾燥しているとウイルスが長時間空気中を漂います。
加湿器などで室内を適度な湿度(50~60%)に保ちましょう。

3.外出後の手洗いとうがいの実施

手洗いは接触による感染を防ぎ、うがいは口の中を洗浄し、のどの乾燥を防ぎます。

4.人ごみを避ける

病原体であるウイルスを寄せ付けないようにしましょう。

5.マスクを着用する

インフルエンザが流行してきたら外出する際はマスクを着用しましょう。罹患した人には、咳やくしゃみの飛沫から他人への感染を防ぐ効果もあります。『人に対して』という意味で『エチケットマスク』などといわれることもあります。

  • ページトップへ

ワクチンによる予防法

インフルエンザワクチンの種類と、接種のタイミングについて紹介するね

最も確実な予防は流行前にワクチン接種を受けることです。
特に、高齢者や心臓や肺に慢性の病気を持つ人、気管支喘息を持つ小児など、インフルエンザにかかると重症化したり、合併症を引き起こしたりする可能性の高い人(ハイリスク群)は、医師と相談の上、早めに接種することが望ましいと考えられます。

ワクチン接種は、インフルエンザへの感染または重症化の予防となります。ただし、ワクチン用のウイルスは孵化(ふか)鶏卵で培養するため、卵などにアレルギー、けいれんの既往症、免疫不全のある人、熱を出している場合などには接種できないことがあるので、医師に相談してください。

ワクチン接種の時期

インフルエンザワクチンは接種してから実際に効果を発揮するまでに約2週間かかります。ワクチンには2回接種と1回接種があり、2回接種の場合、2回目は1回目から1~4週間あけて接種します。通常、流行期間が12~3月ですから、11月中旬頃までには接種を終えておくとより効果的でしょう。

また、流行してからの接種は、抗体価が十分上がる前に感染する危険性がありますが、抗体価が上昇していれば症状が軽くなります。詳細は医師に相談してください。

ワクチン接種のタイムスケジュール

  • ページトップへ