• インフルエンザ 流行レベルマップ
  • 症状 チェックシート
  • インフルエンザの予防・治療
  • インフルエンザの基礎知識
  • インフルエンザのQ&A

インフルエンザの基礎知識

流行の歴史と古い記録

>インフルエンザの歴史を紹介しよう いろいろあるね

パンデミックとは

流行が短期間に世界的に拡大し、多数の人々が年齢を問わず感染する状態をいいます。インフルエンザウイルスの構造が大きく変化すると、多くのヒトはこの新型ウイルスに免疫を持たないために感染が拡大したと考えられています。

古い記録

ヨーロッパで最も古い記載は紀元前412年のヒポクラテスとリヴィによるものとされています。11世紀には明らかにインフルエンザの流行を推測させる記録が残っており、16世紀にはすでにインフルエンザ(イタリア語の「星の影響」が語源)という名で呼ばれていたようです。

わが国でも古くは平安時代にインフルエンザの流行をうかがわせる記載があり、江戸時代には「はやり風邪」と呼ばれ、「お駒風」「琉球風」などと流行によって世相を反映したさまざまな名がつけられました。

  • ページトップへ

20世紀のパンデミック(スペインかぜ)

日本の人口の約半数がかかったスペインかぜについて紹介しよう

発生と流行の広がり

第一次世界大戦の最中、3波にわたり全世界を襲いました。第1波は1918年3月に米国北西部で出現。米軍とともに欧州に渡り、西部戦線の両軍兵士に多数の死者を出して戦争の終結を早めたといわれています。スペインの王室の罹患が大々的に報じられたことからスペインかぜと呼ばれるようになりました。

第2波は同年秋、世界的に同時発生してさらに重い症状を伴うものになりました。第3波は1919年春に起こり、同年秋に終息に向かいました。

ウイルスのタイプ

ウイルスのタイプはA型でした。しかし、当時はウイルスが原因とは知られておらず、後の血清疫学調査や剖検肺や凍土中の患者肺からのRNAの解析で判明しました。

罹患者・死亡者

この間、世界の人口の約50%が感染し、25%が発症したと見積もられています。死亡者は2,000万人以上にのぼり、疫病史上有数の大被害となりました。米国では南北戦争の死亡者や第二次世界大戦の死亡者を大きく上回り、パンデミックの脅威をまざまざと見せつけました。人口の多くがその免疫を獲得するにつれて死亡率は低下しましたが、1957年にアジアかぜが現れるまで流行し続けました。(H1N1型)

日本では

1918年(大正7年)の11月に全国的な流行となりました。1921年7月までの3年間で、人口の約半数(2,380万人)が罹患し、38万8,727人が死亡したと報告されています。

松本慶蔵他「インフルエンザのすべて」メド・コム(2000)

その他の特徴

20代から30代の青壮年者に死亡率が高かった原因は不明で、謎として残っています。通常は小児や高齢者の死亡率が高いものの、スペインかぜで死因の第一位は二次的細菌性肺炎でした。このとき、初めて剖検肺中に細菌が証明されないことから、ウイルス肺炎が疑われるようになりました。

死亡者数のグラフ

松本慶蔵他「インフルエンザのすべて」メド・コム(2000)

  • ページトップへ

アジアかぜ

アジアかぜってどんなかぜ?

発生と流行の広がり

1957年4月に香港で始まり、東南アジア各地、日本、オーストラリア、さらに米国、ヨーロッパなど世界各地へ。発端は中国南西部と考えられています。

ウイルスのタイプ

ウイルスのタイプはAH2N2型でした。ほとんどの人は免疫がありませんでしたが、50歳以上の人に抗体を有していたため、50年以上前に類似の流行があったと推測されています。

死亡者

スペインかぜの約1/10でしたが、抗生物質時代に入っての重大な流行でした。

日本では

5月から始まり、300万人が罹患。死者5,700人。死亡者の肺炎中黄色ブドウ球菌の二次感染が注目されました。この時期、市中肺炎の第一位の起炎菌は黄色ブドウ球菌でした。

  • ページトップへ

香港かぜ

香港かぜってどんなかぜ?

発生と流行の広がり

1968年6月に香港で爆発的に流行。中国に源を発すると考えられています。8月には台湾、シンガポールその他の東南アジアへ。9月に日本、オーストラリア、12月には米国でピークを迎えました。

ウイルスのタイプ

ウイルスのタイプはH3N2型でした。新型ではあったが、血清の解析により1890年代に類似の型の流行があったと示唆されました。ヘマグルチニンだけの変化でした。

罹患者・死亡者

香港では6週間で50万人が罹患。全世界で56,000人以上の死者を出しました。

  • ページトップへ

ソ連かぜ

ソ連かぜってどんなかぜ?

発生と流行の広がり

1977年5月に中国北西部から始まり、12月までにシベリア、西部ロシアへ。
12月に日本、翌年6月までに米国、ヨーロッパ、オセアニア、南米まで流行が拡大しました。

ウイルスのタイプ

ウイルスのタイプはH1N1型でした。1950年代に流行したイタリアかぜと遺伝子的に同一で、23歳以上は抗体を有していました。

罹患者・死亡者

そのため、流行当初は小児と10代の若年層に限られていましたが、連続変異が起きるにつれて他の年齢層にも広がりました。

  • ページトップへ